コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

B型肝炎、7地裁で追加提訴(産経新聞)

 集団予防接種の際の注射器使い回しでB型肝炎ウイルスに感染したとして、患者や遺族が全国10地裁で国に損害賠償を求め係争中の集団訴訟で、広島県の患者2人と愛媛県の患者4人が24日、広島地裁に追加提訴した。24日午後に札幌、東京、新潟、金沢、大阪、福岡の6地裁でも約30人が一斉提訴。訴状提出後に記者会見した広島市安佐北区の会社員、冠崎和之さん(49)は「ここ2年は症状が落ち着いているが、がんになりやすく将来が不安だ。国は早く和解に応じてもらいたい」と話した。

【関連記事】
B型肝炎訴訟 10地裁で初の和解勧告 札幌地裁「救済範囲を広く」
肝炎基本法が成立 経済支援など総合施策推進
「350万人超への朗報」 肝炎3団体会見
B型肝炎の集団訴訟で本人尋問 「わたしたちに時間ない」
B型肝炎解決求め追加提訴 全国8地裁で患者40人

温暖化ガス25%減は可能=対策のたたき台公表-環境省(時事通信)
<囲碁>飛田さんが女流アマ選手権初優勝(毎日新聞)
<水俣病>不知火会との和解所見、積極受け入れへ 熊本知事(毎日新聞)
ヒゲで評価ダウンは不当 慰謝料支払い命令(産経新聞)
関ケ原町長に賠償命令=町民のプライバシー侵害で-岐阜地裁支部(時事通信)
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。